ポイント制度を採用していない無料の逆援助サイトに限られたことではないものもの、すべからく逆援助サイトでの始めの一歩は「プロフィール作成」です。
プロフィールを実際に用意する際には、凝ったものを制作する人が大変でしょう。創意工夫は、こうした些細なところでも大切です。

しかしながら、どんなに創意工夫を凝らしたとしても、女性が実際に目に留めて、好感を抱くことが最も重要なことです。
目的はあくまで「出会いを果たすこと」なのですから。
では、プロフィールに求められるのは、女性の目にとまりやすければいいのか・・・それも違うところに、逆援助サイトでのプロフィール作成の落とし穴があります。
これは確かな事実というよりも、「だいたいの女性は」といういみですが、メールを読み終えた後、送り主のプロフィールを閲覧することになります。
メールが気合十分の内容だったのに、プロフィールが事のほか必要最低限で、淡白に書かれていたとします。
「プロフは手抜き?」と女性は苦笑いを浮かべるでしょう。

そう考えていくと、プロフィールも、女性へのアプローチの重役を担っていることになります。
長く切々と書けば言いと言うものでもなく、かといって端的に用件だけを書けばいいというものでもありません。
適切な長さで相手の気に止まる文章を作成してみましょう。
一番良いのは、一度書いたプロフィールは、時間を置いて内容が頭から抜けた状態で「第三者の目」を持って読み返すことです。
これにより、実際にプロフィールを読んでいる相手に近い感覚を持って、自分をチェックできるようになります。

自慢が多くなってしまっては居ないか、卑屈になってしまってはいないか。
自虐的でネガティブな部分が出てしまっては居ないか・・・ets。
女性はこれらを怪訝しがちですので、抜かりなくチェックしてみましょう。