複数の逆援サイトに登録しづらいデメリット

逆援助サイトで早く確実に出会いたいということであれば、一人の相手に絞ってアプローチをするよりも、多くの相手にアプローチしてその中から返信してくれる相手を待つというほうが効率数良いでしょう。さらに複数のサイトを利用することが出来れば、その確率も上がることになります。

サイトによって色というものがありますから、登録者のタイプが違うということもあるわけです。そのことを考えれば、一つのサイトだけではなく別のサイトも同時に利用したほうが理想の相手を見つけるリにも良いといえるでしょう。

しかし、そんなことが出来るのは無料で利用できるサイトだけということになるでしょう。有料サイトで出来ないかといえば、そんな事はないのですが、かなりの出費になることは確実です。
それでも早く確実にというのであれば、やってみる価値はあるでしょう。

定額制のサイトでならば、3ヶ月かかったと思って1ヶ月に3サイト利用しても良いでしょう。ただし、出会えるという補償はありませんが、確率はかなり上がるでしょう。ポイント制はどっちつかずになる可能性も出るのであまりお勧めは出来ないでしょうね。複数サイトを利用することで、よりポイントの管理が大変になります。

有料サイトで複数を利用するならば、定額制にすべきでしよう。その場合は一月の出費額の上限を決めて選べば良いでしょう。ただ、定額制の場合は良くないと思っても使い続けなくてはけないというデメリットがありますから、サイト選びは慎重にしなくてはいけません。

気まずい変なハンドルネーム

逆援助サイトをはじめるにあたって事前に準備しておいた方がようものがいくつかあります。個人情報を守るという意味でフリーメールのアドレスは必須です。また、サイトの情報の入手もしっかりとしておくことです。多くのサイトがある何かで安心できるサイトを見つけ出すのは結構大変です。ある程度の目安をつけておければ、時間の節約にもなるでしょう。サイト選びで出会えるかどうかが決まるなんてことも言われるくらいですかすらね。

そして大切なものがもうひとつ、それはハンドルネームです。そんなものは適当で良いと思っている人もいるかもしれませんが、逆援助サイトでの名前になるわけですから、いい加減なものではいけないのです。ノリでつけて失敗したというような人も多いと思います。

ダメならば変えれば良いと思うかもしれませんが、メール交換の途中でかえるのはちょっとおかしなことでもあるでしょう。それに、ダメになるようなハンドルネームは最初からつけないほうがいいわけです。

登録してプロフィールを書くときになって考えていてはいけません。十分に時間はあるのですから、事前に決めておくようにしましょう。その呼び名が付いてまわるということを念頭において、インパクトがあるが、呼ばれたり呼んだりすることに抵抗がないというような名前がベストです。それでいて自分との関連性があれば完璧といえるでしょう。

もし、思いつかなければ子供の頃呼ばれていたニックネームがいいかもしれません。シンプルイズベストです。